セリエA フィオレンティーナの情報配信。ニュース速報、移籍情報、ハイライト動画、観戦記など
リンク | フィオレンティーナ・ニュース | イタリアサッカー・ニュース | セリエA 2006/07 試合結果 | セリエA 2006/07 試合日程 | 試合結果 | ハイライト動画 | 移籍情報 calciomercato | 観戦記 | スタジアムへ行こう! | チケット購入方法 | クラブデータ | 更新履歴 | スカパー | antijuve | 当サイトについて | 
フィオレンティーナ - Curva Fiesole
≪2017.07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.09≫
カテゴリー
 
セリエA 関連グッズ
月別アーカイブ
ブログ@お気に入り
サイト@お気に入り
ブログ@フィオレンティーナ
サイト@フィオレンティーナ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
「イタリアサッカー・ニュース 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2006.08.30 Wed
セリエA 2006/07 日程 19時発表
今日19時(日本時間28時)にセリエA2006/07シーズンの日程が発表される。

イタリアではこの模様をItalia 1(テレビ)で中継するけど当然日本では見られないので、Lega Calcioのサイトで確認を。

Calenrari Serie A Tim
スポンサーサイト

イタリアサッカー・ニュース    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.08.01 Tue
イタリアサッカー不正疑惑 控訴審判決
既に報道されているように、7月25日、対象チームの処分が決まった。


ユヴェントス
セリエB降格。マイナス17ポイント。3試合ホームゲームなし。
罰金12万ユーロ。

ミラン
セリエA残留。マイナス8ポイント。1試合ホームゲームなし。
CL出場可能。

フィオレンティーナ
セリエA残留。マイナス19ポイント。3試合ホームゲームなし。
罰金10万ユーロ。

ラツィオ
セリエA残留。マイナス11ポイント。2試合ホームゲームなし。
罰金10万ユーロ。


また、ユヴェントスは過去2シーズン(セリエA2004/05、2005/06)のスクデットを剥奪され、セリエA2005/06シーズンのスクデットはインテルに渡った。


この判決が凄く疑問だ。
1番の疑問はミランへの処分が軽い点。
ミラン・システムの中心人物であるメアーニは経営にタッチしていないので、Giudizia Sportiva的な影響は少ないのは理解できるのだが、ガリアーニに9ヶ月間の処分が出ているにも関わらずこの判決は何なんだ?

個人的には4チームともB落ちしたほうが、今後そしてイタリアサッカー界の為には良かったと思っている。

テーマ:欧州サッカー全般 - ジャンル:スポーツ
イタリアサッカー・ニュース    Comment(1)   TrackBack(0)   Top↑

2006.07.15 Sat
イタリアサッカー不正疑惑 処分が決定
イタリアサッカー界で問題になっている審判捜査の不正疑惑の処分が決定した。

ユヴェントス
セリエB降格。マイナス30ポイント。
過去2シーズンののスクデット剥奪。
ユヴェントスの元GMルチアーノ・モッジと元代表のアントニオ・ジラウドは5年間の謹慎処分。

ミラン
勝ち点マイナス15。セリエA残留だが昨シーズンの勝ち点を44ポイントに。
来季のChiampions League出場権剥奪。
アドリアーノ・ガリアーニは1年間、レオナルド・メアーニは3年6ヶ月の謹慎処分。

フィオレンティーナ
セリエB降格。マイナス12ポイント。
アンドレア・デッラヴァッレ会長は3年6ヶ月、ディエゴ・デッラバッレ名誉会長は4年間の謹慎処分。また、サンドロ・メンクイッチは3年6ヶ月の謹慎処分。

ラツィオ
セリエB降格。マイナス7ポイント。
クラウディオ・ロティト会長は3年間の謹慎処分。


これを厳しいと取るのか、そうでないと取るのかは別として、ミランの処分がやさし過ぎやしないか?
不正疑惑の捜査責任者のボレッリはモッジ・システムだけじゃなくて、ミラン・システムについても193ページにもわたる調書で述べていたはずだ。そのミラン・システムの中心人物はレオナルド・メアーニなのだが、彼に対する処分も軽いように思える。それに、ガリアーニはレーガ・カルチョの会長であったわけで、FIGCの元会長カッラーロや審判関係者に影響力を与えられる立場にいたはずだ。

それにも関わらず、ミランはA残留・・・。

一連の騒動はモッジとパイレットの電話盗聴で始まった。
僕の彼女もブログでこの件について述べているが、“電話盗聴”の時期は昨年でありベルルスコーニ政権真っ只中。当然、ベルルスコーニは自分の都合の悪い内容については処分するだろう。


Cafから判決が出たが、そもそもCafはFIGCのグループ会社みたいなもんで。。サッカーのことを全く知らないボレッリがいくら頑張って捜査しても・・・。


おまけ
個人的にミランのセリエA残留は納得いかん!
ラツィオは倒産街道まっしぐらになる予感。

イタリアサッカー・ニュース    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.07.10 Mon
W杯:イタリアが24年振り4度目の優勝
ガゼッタ イタリア 優勝

CAMPIONI DEL MONDO!!!

イタリアサッカー・ニュース    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2006.07.09 Sun
Calciopoli
イタリアサッカースキャンダルの裁判は続けられており、先日検察側の求刑が出された。


Juventus:
セリエC1降格、勝ち点6マイナスで新シーズンをスタート、今年と去年のスクデットを剥奪

Fiorentina:
セリエB降格、勝ち点15マイナスで新シーズンをスタート

Lazio:
セリエB降格、勝ち点15マイナスで新シーズンをスタート

Milan:
セリエB降格、勝ち点3マイナスで新シーズンをスタート



ユヴェントスへの求刑は妥当。
ラツィオ、B落ちしたら借金@200億だいじょうぶなんだろうか・・・。
ユーヴェのモッジシステムだけでなく、ミランシステムも見付かっているのに勝ち点3マイナスだけってのは疑問。
フィオレンティーナは・・・。

事実であればB落ちは仕方がない。
でも、勝ち点マイナス15はかなり厳しい。。
1年でセリエAに戻るのは相当難しい。。

イタリアサッカー・ニュース    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。