FC2ブログ
セリエA フィオレンティーナの情報配信。ニュース速報、移籍情報、ハイライト動画、観戦記など
リンク | フィオレンティーナ・ニュース | イタリアサッカー・ニュース | セリエA 2006/07 試合結果 | セリエA 2006/07 試合日程 | 試合結果 | ハイライト動画 | 移籍情報 calciomercato | 観戦記 | スタジアムへ行こう! | チケット購入方法 | クラブデータ | 更新履歴 | スカパー | antijuve | 当サイトについて | 
フィオレンティーナ - Curva Fiesole
≪2005.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2005.05≫
カテゴリー
 
セリエA 関連グッズ
月別アーカイブ
ブログ@お気に入り
サイト@お気に入り
ブログ@フィオレンティーナ
サイト@フィオレンティーナ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
「 2005年04月 」 の記事一覧
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.04.17 Sun
リボルノ対フィオレンティーナ、スタメン
フィオレンティーナ:
セーハス,マッジョ,ダイネッリ,ウイファルシ,キエッリーニ,
アリアッティ,ドナデル,マレスカ,ヨルゲンセン,ミッコリ,パッツィーニ

監督:ゾフ

負傷者:ボジノフ,ピアンジェレッリ
出場停止:なし
あと1回警告で出場停止:ダイネッリ

リボルノ:
マレッジーニ,メラーラ,ガランテ,グランドーニ,バッレーリ,
グラウーゾ,ルオートロ,ドーガ,プロッティ,ヴィジアーニ,C.ルカレッリ
監督:ドナドーニ

負傷者:ヴァルガス,パッソーニ
出場停止:アメリア
あと1回警告で出場停止:ルオートロ,グランドーニ,A.ルカレッリ,ヴィディガル

両チーム共、ベンチはまだ不明です。
スポンサーサイト

フィオレンティーナ・ニュース    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.04.17 Sun
リボルノ対フィオレンティーナ、対戦成績
今日の試合で対戦数は28回目になる。

【総対戦成績】
総試合数:27
フィオレンティーナの勝利:9試合(セリエA:7,コッパイタリア:2)
引き分け:10試合(セリエA:8,セリエB:1,コッパイタリア:1)
リボルノの勝利:8試合(セリエA:6,セリエB:1,コッパイタリア:1)

【総得点数】
フィオレンティーナ:40
リボルノ:40


リボルノのホームでは今日で15回目(セリエA:10,セリエB:1,コッパイタリア:3)

【リボルノのホームのこれまでの対戦成績】
試合数:14
フィオレンティーナの勝利:2
引き分け:6
リボルノの勝利:6

【得点数】
フィオレンティーナ:15
リボルノ:23

フィオレンティーナ・ニュース    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2005.04.17 Sun
リボルノ対フィオレンティーナ:チケット残りあり
今日15時(日本時間22時)から行われるトスカーナダービー、リボルノ対フィオレンティーナのチケットがおよそ2000枚の残りがあり、スタジアムのチケット販売所で購入できる。

今日のリボルノの天気は曇、風が若干ある模様。


この試合観に行かないです。でもTV観戦しますよ。

TVで見るといってもSKY(日本でいうスカパー)に加入してないからバールやスポーツバーに行かないと見られないわけですが・・・。

イタリアでセリエAを見る方法は、SKY、La7 Calcio、Rosso Alice Calcioなどの方法があるのだけど。。

SKYは料金が高い。
スカパーならセリエAだけ見るのであれば1500円で良いと思うが、こちらはサッカーだけというチャンネル販売をしていないために映画や他のスポーツもくっついてくるセット販売。そんなわけで料金が高い。おまけにユーロ高だし。。

La7 Calcioは所謂pay-per-view。
料金は1試合3ユーロ。支払い方法は専用プリペードを購入する前払い方式で基本料金もなしと安いのだが、放映権の関係でアウェーの場合が見られない可能性があるので却下。

Rosso Alice Calcioはオンライン配信。
Telecom Italiaグループが提供しているRosso Alice(ADSLサービス)に加入し料金を払えば見られる。俺はADSLなんて高貴なものに加入していないので必然的にアウト。

残る方法はバールかスポーツバーかサッカーくじ販売所になる。
日本のスポーツバーであれば大きなスクリーンがドーンとあるけどこっちは違う。

普通のTVが置いてあるだけ。。

そんな貧弱な環境だけど地元の人は見に来たりする。

さすがにスタジアムほどの興奮度はないが、俺が行っているバールでも共通した光景が見られる。ハーフタイムともなれば皆が評論家になり、前半のプレーを分析したりするのだ。試合中、大声を上げての応援はしないが、悪いプレーがあれば軽いブーイングも起きる。不甲斐ないプレーが続き負けている状態であれば、試合終了前にとっとと帰る人もいる。
インテル対フィオレンティーナの試合もこのバールで観たのだが、試合開始前なぜかSKYのチャンネルが映らなくなった。後から分かったことだが、これは店側がチャンネル番号を間違っていただけなのだが。。日曜とあってSKYのカスタマーサービスは休み、しかし、この試合を観にに来た人は『何としてでも観る!』という思いで只管TVやSKYのデコーダーを弄っていた。

カルチョに対するイタリア人の思いは、これからも分かると思うけど凄すぎる。

たぶんカルチョがなければ死んじゃうんじゃないのかと思う。。

ただ、、、この熱意を少しでも仕事に向けたらイタリア経済は発展すると思ったりもするのだけど、まぁ無理だろうな。。

フィオレンティーナ・ニュース    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。