セリエA フィオレンティーナの情報配信。ニュース速報、移籍情報、ハイライト動画、観戦記など
リンク | フィオレンティーナ・ニュース | イタリアサッカー・ニュース | セリエA 2006/07 試合結果 | セリエA 2006/07 試合日程 | 試合結果 | ハイライト動画 | 移籍情報 calciomercato | 観戦記 | スタジアムへ行こう! | チケット購入方法 | クラブデータ | 更新履歴 | スカパー | antijuve | 当サイトについて | 
フィオレンティーナ - Curva Fiesole
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
カテゴリー
 
セリエA 関連グッズ
月別アーカイブ
ブログ@お気に入り
サイト@お気に入り
ブログ@フィオレンティーナ
サイト@フィオレンティーナ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2005.04.11 Mon
フィオレンティーナ対ユヴェントス ~前半~
試合開始1分前、センターサークルに審判と両チームの選手が整列し黙祷。先日亡くなられた法王のためなのかな。

キックオフがされるとCurva Fiesoleだけでなくスタジアム全体からViolaの応援。
ホントこの試合の応援は凄すぎる!

ヴィオラの選手たちも意気込みが違うのか試合開始と同時にいつもの始まり方とは違っていた。気になっていたDFラインはガンガン上げている。ここまでラインを上げるのは見たことなかった。中盤・前線の選手らもよく走り回っており、ペースを握ろうとしているのが直ぐに分かった。ファンティーニは確変したのか勢いが違う。パッツィーニ、ファンティーニの後ろにはヨルゲンセン。彼のプレーも今まで見た中で最高の部類に入る。3ボランチのマレスカ、ドナデル、アリアッティらはユーヴェの中盤を上手く押さえ込んでいた。この前線からのプレスのおかげでDFラインも高い位置に保たれいつもヴィオラとは違うせいかユーヴェは慌てていたように思えた。

この日18時から行われたミラン対ブレーシャでミランは引き分けていた。
ユーヴェはこの試合勝ちたかったと思うが気持ちが焦ったのか空回りしているように思えた。2、3パスミスがあったし。

前半14分試合が動いた。
開始からプレスを続けられていたおかげでユーヴェのミスを誘い中央やや左よりからパッツィーニが抜けゴール。パッツィーニの右足から蹴り出されたボールはブッフォン動けないほど綺麗なコースを描いてゴール右上に突き刺さった!

天敵ユヴェントスから先制点を奪えたおかげでヴィオラのティフォージの熱に拍車が掛かった。
歓声と総立ち。

先制するといつもラインが下がるヴィオラ。
開始から20分まで常に高い位置を保てていたがプレスが緩くなったせいで若干DFラインが下がり始めた。でもいつものラインよりは高い位置。
トップ下にいたヨルゲンセンがこの頃は中盤左に顔を出し始めたのが少し気になるところ。。
ゾフからの指示だったのかな。。

ユーヴェの左サイドからの攻撃は注意しないいけないと試合前日の記事に書いたが、その左サイドからクロスを上げられ22分デルピエロのゴールで同点にされる。。_| ̄|○
きっちり仕事をしてくるのね。。

同点にされたが何故かこの日は特に何とも思わなかった。
ティフォージもそれほど落胆しているようには思えない。
プレー、ホームアドヴァンテージなどいつもとは違った感じ。

1対1の同点になったが両チームとも攻め切れない。
ネドベドは左右に動いていたが上手く噛み合ってない感じ。CLのリバプール戦をTVで観ていても少し思ったのだが、戦列を離れていたせいかリズムが合ってないように思えた。エメルソンが出場していないこともあってか中盤からの組み立てが出来ないなかったし。そのせいかユーヴェはDFから前線にボールを当てることが多かったように思えた。でもイブラヒモビッチ、、、上手い。でかいし。。
前半、ダイネッリはよく押さえ込んだと思う。。コーナーのときはイブラさんにはキエッリーニが対応。それにしてもアドリアーノ見たときも思ったけど、何食ったらあんなにガタイがでかくなるんだ?

そんな感じで硬直状態が進むもメインスタンド側からコーナーを得たフィオレンティーナ。一旦はクリアーされるがヨルゲンセンがペナルティーエリア外の右の位置からクロス。キエッリーニの頭にピンポイントで36分ユーヴェのゴールに突き刺さった!
このゴール、俺の位置からはヨルゲンセンが直接入れたように見えたんですが。。

スタジアム総立ち状態!!
凄まじいほどの熱がティフォージから感じられた。

前半終了。。

俺、何回立ったんだろ・・・。
立ったり座ったり忙しい試合だ。。

1998年12月13日、後半13分にバティのゴールで勝った以来、7年振りの勝利まで残すところ45分。

ハーフタイム中、近くにいたティフォージらと絶対勝つぞ!
と話してみたり。
スポンサーサイト

観戦記    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://curvafiesole.blog9.fc2.com/tb.php/82-ebeb1488

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。